トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 読書感想文にビジネス書ってどうなの?書き方は?

読書感想文にビジネス書ってどうなの?書き方は?

ビジネス新書・実用書、自己啓発本などを読書感想文にしても良いのでしょうか。

読書感想文にビジネス書なんていかがですか?


 巷には、ビジネス書が豊富にあふれています。また、ビジネス書の中には、自己啓発的なもの(俗にいう「自己啓発本」)もあり、それは、ビジネスだけでなく、人生全般に通用する内容が書かれていたりします。仕事をしているサラリーマン・起業家向けだけと捉えずに、読書感想文として、高校生など学生にも取り上げてみる価値はあると思います。

ビジネス書(自己啓発書なども含む)はどんなものがあるか?

 ビジネス書といっても、種類はたくさんあります。経済・経営などに特化したビジネス新書・自己啓発本・実用本・専門書などあらゆる種類があります。豊富にあるので困るぐらいです。最近では、話題になったものでトマ・ピケティ氏の「21世紀の資本」など有名です。また、ドラッカー・アドラーなど哲学的な要素が含まれているものもあります。ドラッカーなどは、AKBをモデルにした簡易なものも数年前に出ていました。一時ブームになった「もしどら」などです。さらに、スティーブン・コビィー氏の「7つの習慣」などありますが、これらは、原本を読むととてつもなく大変です。また、自己啓発的なものでは、金持ち父さんシリーズ、マーフィーの法則、ナポレオン・ヒル、カーネギーなどの本があります。系統としては、要は、ポジティブ・シンキングの話です。自己啓発は、ポジティブ・シンキングのものが多く、内容としては、ほぼ 「思考は現実化する」の1点に尽きるので、それぞれ微妙に切り口が違うので、比べてみても面白いでしょう。もっとも、ビジネス新書などは、難しいと敬遠されがちなのですが、最近では、漫画版なでも出ているので、そちらを参考にしてから、本書を読むという方法もいいでしょう。日本でも、松下幸之助や斎藤一人などは、一般人にも馴染みやすいビジネス書と思われます。何しろ二人とも、中学して出ていないのですから、人間としても魅力を感じますし、また親近感も湧いてきます。

読書感想文にビジネス書を選ぶ時、どうやって選べばいいの?

 先ほど、申し上げたとおり、ビジネス書にはたくさんの種類があり、選ぶのに困るほどです。では、どういった基準で選べいいのでしょう。選び方としては、まず、自分が何に興味を持っているか考えることです。経済・経営の数字に興味ある人は、経営に関する本としては、松下幸之助やカーネギーの本などがよいでしょう。また、ディズニーランドの従業員に関する本なども参考になります。哲学的なことに興味がある人は、アドラーなどの本がいいと思います。自己啓発書でオススメは、まずは、どれでもいいと思います。自己啓発の肝は、まず、思考は現実化する、ということです。手始めに、マーフィーの法則・シークレット辺りから読んでみるといいと思います。
読書感想文の一覧を見てみる!

ビジネス本における読書感想文の書き方


 ビジネス書における読書感想文の書き方としては、まず、そのビジネス書に書かれている内容について、自分が同意するか・反対するかという視点から入れば、書きやすくなります。同意するなら、何故同意できるか、を細かく書けばいいのです。反対の場合も同様です。そして、ビジネス書に関して、自分の意見を述べたあと、自分の身近な経験を持ち出し、それと比較検討してみると話の幅が広がります。ビジネス書で学んだ内容を、具体的な例に落とし込むのです。その作業において、自分の身近な内容と、誰もが経験したことがあるだろう現象を並べ、比較検討する様な検証が行われるとより理解が深まると思います。

ビジネス書における読書感想文の構成

 ビジネス書の読書感想文を書く構成としては、起承転結の部分で具体的に考えてみます。まず、起の部分は、その本に書かれていたことの主な内容とそれに対する自分の意見・感想・同意するか・反対するかなどを書きます。承の部分で、自分に関する身近なことに当てはめて検証してみます。転の部分で、一般的に落とし込む。普遍的な内容に落とし込むのです。最後に結の部分で総まとめで仕上がりです。構成の流れですが、他にも様々な方法がありますが、起承転結を考えた構成にすると書きやすくなると思います。

ビジネス書を読書感想文で取り上げること


ビジネス書は、種類が豊富で多くの人に共通する部分があります。どんな人にとっても、必ず興味がある分野があり、また、人類全般に通じる問題を扱っているものもたくさんあります。読書感想文として取り上げるには、非常にいい分野です。是非活用してください。

読書感想文あります。一覧からダウンロード

↓に読書感想文の一覧があります。一覧から選んでダウンロードできます。こちらもよろしければご覧ください。
読書感想文の一覧を見てみる!