トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 読書感想文にオススメの本って何?読み方は?

読読書感想文にオススメの本って何?読み方は?

読書感想文にお薦めな本の紹介です。

おすすめ本から読む読み方


おすすめ本を推奨書籍からよむ

推奨図書を元に読書をすることにしたい。どの本を読んだら良いのかわからず困ることこともあるがそんなとき推薦されている本をとって読んでみるのがいい。おすすめ本を参考にして読書の方法としてどんな本から選んで読むのか、しかしどれでも良いからさっと触ったものを勝手に触って読んでしまう。そんな風にして本を選ぶ。最適な本を選んでどんな風に読書をしたら良いのかを思うが、そうして取った本によってその本を選びたい。推奨書籍の中で進められている本を読んだ。「希望の海へ」はその推薦書籍だ。推薦書籍の中でも童話。はじめに読む本として最適だ。本をそのシリーズから選んで童話などを手にして読む。童話の推薦書籍の中にもいろいろあるが、童話といってもおくが深い、内容を読むとその文学性が高いことがわかる。難しい概念だ。内容を追求してみて深く考えないと、難しい。

推奨書籍の例おすすめの読み方


おすすめ本1「希望の海へ」を読んで

マイケル モーパーゴ 著「希望の海へ」では少年の戦争時代の記憶である。どんな風に戦争にいたったのか、その経緯はきわめて政治的だ。政治的な内容が深く、大変難しい、政治色を考えて読まなければならない。少年が戦災孤児になり難民として送られる先はオーストラリアだ。イギリスの元領土であった場所で生活をすることになる。イギリスの南方の領土として大変田舎だ。田舎での暮らしがどのようなものかを、「希望と海へ」ではわかる。中央の都会から離れて生活するという習慣を持つことによって少年がどのように変わるのかを考える。どんな出来事によっておきた放浪なのかと思う。海洋がでる。海洋小説だ。船旅、長い年月を経ることによってその時間を経たことによる成長を見る。時代が変わりその中でその時間を越えた人生を思う。「希望の海へ」では、その生活が変化する様子を社会的、歴史的に考えている。オーストラリアというイギリスの辺境地帯へと送られた少年がその土地でどのような生活をするのか、そのほとんどすべてがわかる。辺境ではその社会が中央の政府とは違う、その生活によって変わる変化、そんなことが西洋では多くあった。そのような話の童話である。

おすすめ本2「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」を読んで

マララ ユスフザイ , パトリシア マコーミック 著「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」世界に関する童話だ。童話といっても内容が深く、社会的だ。地方にある生活がどのようであるのか、そんな風な内容になっている。もともとあるのがその文化性だ。どのようにその国の歴史が決まったのか、そうしてその生活が変化したのか。文化とはその土地固有のものであり、その国が過去にたどった生活だ。その辺境においてあった過去の出来事が「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」の今の話に影響している。登場人物にも深い影響のあるその国の様子であるが、「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」でもその内容が豊富に描かれる。国での出来事を思うが、そこでは歴史的な支配を受けていた。歴史においてその生活はどのようなものだったのか、国家的に支配されていたが、その中央政府の一部だった。イギリスによって植民地支配された経験があるがその様子を見ることが出来る。西洋支配を受けた国では良くあることだが、そんな内容をよく表している。植民地支配からの政府によって現在でも同様の問題から、戦争による被害を受ける。政治的テロに襲われたことによる事件だ。それが過去の植民地支配による西洋的文化を背景とした出来事によって関係している、そのような二重性を持った物語だ。その出来事によって変えられた世界が現在の生活に影響している。その政治的事件が起きたことが過去の物事に由来していたという植民地時代の経験を知ることができる。

おすすめ本3「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」を読んで

渡辺基著「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」(河出ブックス)である。童話によって描かれる内容を知ることが出来る。物理学などをどのように学ぶかを考えるが、童話から得られる示唆は多い。物理学によって発達した世界をどのように解釈するかを思うが、歴史やその他の文学的背景を持つものとして童話を考える。その童話によって導き出された種々の言説によって説明される内容を見ることが出来る。内容を見ると、童話から読める物理的な事象や現象による説明が多く載っている。ペンギンの生態やその他、自然の現象、生態学によって考えられる内容はペンギンによって学ばれる物理学的な出来事を多く見ることができる。生態系を研究することによってその内容を知ることが出来るが、動物の生活圏をみることによっていろいろな物理的現象を考える。物理学が、動物の世界とその行動や、その機能を考えて発達したことはあきらかだ。それは種々の科学にも及ぶことであり、それによっていろいろな考え方を発達させて科学の発達に寄与した。 渡辺佑基著「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」(河出ブックス)によって見られる内容を見ると、物理的な事象を研究するうえで動物の生態などをどのようにして観察したのかなど考えることが出来る。過去から動物界を考えることによって科学は進歩したがその様子を見てより物理や科学に親しみたい。

読書感想文の一覧を見てみる!
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加