トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 読書感想文の構成・書き順教室。起承転結で書き方教えます。

読書感想文の構成・書き順教室。起承転結で書き方教えます。

読感文の構成や書き順を起承転結で書く書き方講座です。

そもそも「作文」の書き方とは?


感想文も他の作文と同様文字を書いたり文章を書いたりすることに変わりありません。

文章を書くことなどその作文をする方法に気をつけて感想文を書きたいです。感想文を書くときにはいろいろな方法がありますが、読書感想文というと、本を読みます。本を読んでその書き方をいちいち考えて書きますが、それによって書くことをどのようにきめたらいいかを考えます。書くことを一つ一つ考えて書きますが、書くことは決まっている。読書して書くのでその書き物をいちいち決められた方法によって書きます。

読書感想文に限らず文章を書くということがあります。書くということは方法によっていることです。どういう風に文章を書いたらいいかなどは作文の問題としてあります。

作文をするにはそれぞれの方法があり文というものは決まっています。文がどのように出来ているのかを決めているのでそれと同じように文章を書くことが必要です。

文章を書くとは読書感想文に限らず、それぞれの方法に基づいて書かれているというわけです。

読書感想文での文章の書き方


読書感想文ではどのように文章を書くのでしょうか?

まず決められた本を読みそれについての感想を書く、という形式が一般的です。そのための方法を考えて読書感想文を書きますが、その感想文によって書かれる内容がそれぞれ決まっているというのが特徴です。感想という書き方もありますが、それ以外に文章というものの形式は決まっている。文章の構造といったようなものです。文章というものは、その構造を同じ様になぞる。出ないと文章にならないといったようなことがあります。

文章を作る際に気をつけることなどはありますが、それにはまず、それぞれの言葉を一つ一つ解釈する必要があります。段落、文、題名、構造など、文章はいろいろなものので出来ています。文章を作る方法としてそれぞれの文章の作り方があり、段落というものがあります。段落といえばその文章を区切り、文章全体を読みやすくするということがあります。文章には読む上で、また書く上で必要となる段落などを設けることが必要だということです。段落を設ける上で文章が完成します。

文章は段落によってひとつの区切りを持ちます。文章を段落で区切り、意味や文章の構造上で必要となる区別を作ることです。区別を作ってその文章をそれぞれの意味にわけて説明することによって文章をわかりやすくすることが出来ます。

文章を作るとはそのような段落に分けて文章を説明するという方法があるわけです。文章を作るということはそれ以外に文章を分ける方法として文というものがあります。段落における単位としての文は文章を作る基礎となるものです。文章を作る際に、その段落を意味やそれ以外の文の構造などでわけ、文を作りますが、文によって分けることによって文章を他の意味における文として段落の内容を説明する方法になるわけです。文は、その構成を見るとそれぞれの単語などで出来ていますが、それによって文の基礎を作ります。文の基礎は文にある要素である意味やその全体の構成を考える要素です。

文を作る際にはそれぞれの意味を文が含む単語レベルに持っていてそれによって文を形作るわけです。文章にはそれ以外に、構造というものがあります。文章の物語を作る全体の構成であるわけです。文章はそれぞれの段落に分けられて作られています。それぞれがまたまとまりのある段落に分けられ、章や、節など、文章の構造を作る要素を作ります。

文章は構造として、いろいろな意味の通る構成をとっていて、それは、文章がはじまりから終わりまでに続く、文章の意味であり、その文章を語るための方法です。文章はそのはじめ、終わりをもっていますが、それ以外にもそれぞれに物語を持っています。物語は、その中間の要素である内容を持っていて、その内容を見ることによって物語の内容を考えることがわかります。

起承転結でまとめる方法


文章を構成する要素としてあるはじめ終わりはその中間の要素を含めて、起承転結に分けることが出来ます。起承転結によってわけられ、その内容をそれぞれの部分に分けることが出来ます。

起とは文章の始まりです。始まりを意味する話を文章のなかにおき、内容を構成する文章のはじめの部分を作ります。

内容はその後他の文章の構成へとうつり、それが始まりから続く、内容を作るわけです。これが承です。

転は始まりから変わる物語の動きであり、始まりにおける話を他の話へと移すくだりです。転ではそのような話を行い、話をつなげます。その後文章は他の話へと移り、その後の展開を見せます。話の顛末によって話を盛り上げ、その終わりにどのような解決があるのかを考えます。

結は、その話の終わりです。起承転結における終わりで、はじめに合った物語における事件の話の終わりを設けるくだりです。それによって話を終え、文章のすべての段階を終えます。文章はそのようにいろいろなものに分かれていて、それの内容によって出来ています。

読書感想文を作る際にもそのような決まりごとによって文章はつくられ、話を展開して文章を作ります。文章を作るためにそのような文の構造になどに頼って行うことによって難解な物語を文章の形式でまとめ作文することができます。


自由に使える読書感想文(著作権はフリー)有ります

本ホームページでは、著作権がフリーの読感文を提供・配布中です。
ダウンロードをぜひしてみてください。
自由に使っていただいて構いません。丸コピ・丸写しするのも大丈夫です。1つ1つ、オリジナルの感想文になっています。
一覧から好きなものを選んで、ダウンロードできます。必要ならそのまま印刷もできます。
どうぞ、ご利用ください。
読書感想文の一覧を見てみる!