トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 書き方教えます!読書感想文講座

書き方教えます!読書感想文講座

読書感想文教室~読書感想文対策、ちゃんとできてますか?

読書感想文対策になる書き方

「読書感想文」と聞いて嫌な顔をする人は多いのではないでしょうか。これを読んでいるあなたも、もしかしたらその一人かもしれませんね。
でも、読書感想文対策に頭を悩ませる必要はありません。なぜなら、読書感想文は書き方のコツを知ればグッとハードルが下がるからです。
読書感想文に限らず、さまざまな文書を作成するコツは同じです。
それは、【材料を集める → 材料を組み立てる】こと。
読書感想文が苦手でこの文章を読んでいるあなたはチャンスです。
なぜか? 
文書作成のコツを、読書感想文を通して学ぶことができるからです。

【材料を集める】
それでは材料を集めましょう。
材料もないのに組み立てができるわけがありませんよね。よく見かける、「~と思いました。」で文字数を稼ごうとしているのは、材料がそろっていない証拠です。
反対に、原稿用紙に向かってすぐにスラスラと書き始められるのは、材料が頭の中に揃っているということです。学校で課される読書感想文程度なら、それでうまくいく人もいるでしょう。しかし、これから先さらに複雑な文書を作る場合は、必ずメモなどに材料を可視化する方がスムーズです。

では、読書感想文の材料はどう集めたらいいのでしょうか。
まずは本を読みましょう。当たり前のことですね。でも、この時の本選びで読書感想文の書きやすさは変わってきます。これについては後ほど触れますね。

次に、読んだ本に基づいてメモを作ります。内容は3つに分けましょう。
① 本を読んで心に残った場面
② ①に関連する自分の体験
③ ①②を比べて考えたこと、感じたこと
ここでは、自分のためのメモなので箇条書き程度でかまいません。
ところで、この3つの中で、一番大切なものは何かわかりますか?
答えは③です。なぜでしょうか。
それは、これが読書「感想」文だからです。読書感想文はあなたの感想を人に伝えるための文書です。①も②も「事実」ですね。事実はもちろん重要なことですが、あくまでメインは「感想」です。一番オリジナリティが出せ、人の胸を打つのは、あなたが考えたことや感じたことなんです。
というわけで、③には特に力をいれましょう。

でも、考えたことや感じたこと、と言われても困ってしまう人もいるかもしれません。そういう場合は、まずは一言で表してみましょう。「むかつく」「やったー」などでOKです。そこに「なんで?」と問いかけていきましょう。
例:「むかつく」(なんで?)→「人を疑っているから」(なんで?)→「疑われて悔しい思いをした経験があるから」
こんなふうに、「なんで?」と掘り下げていくことで材料を増やしていくことができます。初めは言葉にするのに苦労するかもしれませんね。自分の気持ちを言葉に表していくことは、実はとても難しいことです。でも、だからこそそれができたとき、人の心を動かす文章になるのです。

【材料を組み立てる】
さて、材料がそろったら、いよいよ組み立てていきます。
①②③がしっかりしていれば、ただ順番につなげていくだけでもそれなりの読書感想文になります。最後に、今後に生かしたいことや自分の抱負を述べて締めればそれなりにまとめられるでしょう。

これにとどまらず、ワンランク上の読書感想文にしたい場合は、読み手のことを考え工夫することが重要になってきます。読み手がまず目にするのは冒頭です。ならばそこにインパクトを持たせると効果的ですね。どうインパクトを持たせるかは個々で工夫するところですが、たとえば「感情」を入れると伝わりやすいです。
例:私は驚いた。メロスは、自分の命よりも名誉の方が大切だというのだ。(→①②③と続ける)
インパクトがある、ということは予想しづらいということですから、紋切り型の表現ではなくオリジナルの工夫を凝らす必要があります。
ここまで来れば、あなたはもう「読書感想文が苦手」から「自分なりの読書感想文を追求する」ようになっています。

*おまけ・読書感想文の前段階、読書について*
・本の選び方
ここまで読んだあなたならわかると思いますが、感想文を書くための本は、自分の体験とリンクさせやすいほうが書きやすいものです。例えば主人公が自分と同じ部活や習い事をしている、同じ目標を持っている、など。そういう本を選んでみるのも技のひとつです。
・本は全部読まなくてもいい
もちろん、全て読んだほうがいいです。ですが、原稿用紙数枚に本のすべてを書き尽くすなんて無理ですから、どうしたって一部についてしか書けないのです。だったら、興味の持てないところは斜め読みして、ぐっと来るところをしっかり読むというのも戦略としてアリです。

読書感想文を面倒だと思う気持ちはわかります。文書作成スキルを高める練習と思って挑戦してみてはいかがでしょうか。

丸ごとコピペできる丸写し可の読書感想文

本ホームページでは丸コピ(いわゆるコピー&ペースト)可能な読書感想文を著作権フリーで配布しています。
是非、ダウンロードしてみてくださいね!
読書感想文の一覧を見てみる!