トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 読書感想文で伝記や小説、物語を題材にする場合

読書感想文で伝記や小説、物語を題材にする場合

伝記や物語など、ノンフィクションを題材にする時の書き方

はじめに

読書感想文をするにあたって、いろいろなものを考えることが出来ます。読書感想文では課題となる文章がありますが、どのように作るかについては課題となる読書をどのようにするかに問題があります。読書をすることによって読書感想文に必要になる題材がわかりますが、題材となる本を考えることによってそれぞれ違った読書感想文を考えることができます。

読書感想文読書と題材

読書感想文はそれぞれそのような読書をするかによって決まりますが、なにで読書感想文を書くか、あらかじめ決めて読書することによって読書感想文の本を作ることができます。読書感想文ではどんな内容の感想を書きたいかなど必要ですが、それによって読む本から感想文を考えることが出来ます。どのような本を読むかによっても読書感想文は変わりますが、それによって本を決めることによる読書感想文の書き方などを考えたいです。読書感想文ではその本をどうして決めるかを目的とすることができます。題材としての読書感想文の書き方ははじめにその書きたい内容を決めることによって感想文を書くということです。課題となる文章には小説・物語、伝記などあります。課題図書など学校が指定して推薦した図書にある本をその本の内容から決めてもいいですが、ほかに好きな本があれば決めて書いていいのも読書感想文の方法です。

読書感想文と学校指定図書

どのような本を題材とするかはその自分で選ぶかまたは人に選んでもらうかなどありますが、それによってどんな感想文にするかが大きく変わります。自分で選んだりするので学校指定の本でないということもあり読書感想文の書き方が違うようになります。本が別のものだからですが、そのなかで学校指定の本を参考にしてどんな種類の本を選ぶかを選びます。小説ならそれに関係した本がありますが、学校指定の本というとそのとき流行している本がたくさんあります。それによって本を選ぶことが出来、流行本を選ぶということがありますが、学校指定の本とは異なる本がはやっていることがよくあります。本を選ぶ際にはそのようにして学校によってその学校指定の本を参考にして本を選ぶのがいいかも知れません。読書感想文といってもその書き方の一般的なものがあります。そのため本を自由に選んでもいいのですが、あらかじめ決まっている読書感想文の書き方として課題にあった本を選ぶのがいいと思います。もちろん小説なら何でもいいと思います。小説を課題にするとしたら、その内容に気をつけて内容がわかりやすく、その読書感想文の課題にあった本を選ぶといいとおもいます。課題を自分できめて読書感想文を書きますが、小説ではたとえば典型的内容のものや特殊なものがあります。本の内容はその課題となる読書感想文に大変影響があるのでその本の内容を選んで課題に沿った本を選んで書くのがいいと思います。わかりやすい本や、簡単な本を選ぶと本を内容をわかりやすく知ることが出来て、簡単に書くことが出来るかもしれません、感想文を書くために本を読みますが、それによっては読書感想文を書きますが、課題である小説などを選ぶとそれによってそれぞれ小説の内容にあった読書感想文になると思います。
読書感想文の一覧を見てみる!

読書感想文の書き方

小説(文庫本)を選んで読書感想文を書くと、たとえば、小説のどのような部分が特に関心があったのか、また小説をどのようにして選んだのか、小説を選ぶことによってその小説から自分が得たことや自分の経験から来る本に対する関心などを考えて書くことになります。本を読んでその内容でたとえば情景がたくさん出てくる、人の関係がたくさん出てくるなど、本によっていろいろ特徴がありますが、それに関心を持って考えたこと、感じたことを書くのがいいと思います。関心というと普段、本をどんな風に読んでいるのか、どんなことを本から知りたいのかなどを考えます。本を読んでいて疑問に思うことがあったとき、それがなぜ疑問なのかなどをかんがえます。本を読んで疑問となることをそれぞれどうして思うのかを本の内容をいろいろな場所から考えて書くのがいいと思います。また本についての関心とは、普段日常であることが本とどのように関係しているのかなど考えます。本にはそれぞれ主題がありますが、本を見てその内容が自分が普段思う関心や感情とどのように関係があるのかなどを考えて読書感想文を考えることが出来ると思います。

読書感想文と物語伝記

ほかにも物語や伝記などがあります。物語というと小説よりも広い分野の本の種類ということになり、小説には出てこない内容があります。物語とはある現実だったり空想だったりしますが、小説がほとんど空想であことと比べて現実味があるのが物語です。また「ライト兄弟」が代表的ですが、伝記では物語と同様にその内容を考えることができますが、具体的な人の話を考えてかかれた内容が伝記だと思います。伝記では過去の歴史上の人物の話をノンフィクションとして具体的に書いてあったりしてその人の個人的な歴史を見ることが出来ます。そのようにしてどんな本にどのような特徴があるのかを考えてそれについてどんな風に思うのかを考えて書くのが読書感想文だと思います。
読書感想文の一覧を見てみる!

終わりに

高校生などでも課題作文をすることによってその国語学習が進みますが、それによって作文をするということによって国語の単語を覚えたり、文章の書き方を学習したり、意味を覚えたりすることがたくさん出来るので、そのような課題作文をするわけです。そのため、読書感想文は、学習のなかでする作文といってもそれぞれ特殊な意味を持っているわけです。作文をするうえで学習として特殊に作文をするということによって学習の中だけですることになりますが、作文というものが取り巻く環境の一種としてその作文をするということによって文化的背景を覚えたり、学習意欲を高めえたりすることによってより学習へ向かう気を強めたりするなど必要になります。 読書感想文の一覧を見てみる!