トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 読書感想文がネタ切れで終わらない時の解決策

読書感想文がネタ切れで終わらない時の解決策

原稿用紙の途中で筆が止まった・・・こんな場合どうする?

ネタが尽きた!全然書けない!そんな場合は

読書感想文あるあるですが、原稿用紙の途中でネタが尽きることはよくありますよね。「詰まった」というやつです。
原稿用紙5枚ともなると、文字数で言えば2000字ですから、ネタ切れになるのはある意味当然です。3枚だって難しいですよね。
原因としては、文章のマンネリ化が挙げられます。感想文を書いていると、書いているうちにまた同じようなことが思い浮かび、堂々巡りになり、ネタが切れてしまうのです。
こんな時は、新しい風を入れることが重要です。

マンネリ化・詰まった場合には

新しい風とは、他の人の作品を参考にすることです。インターネットで調べれば、今はいくらでも他の人の感想文が載っています。
しかし!これを参考にし過ぎると、逆に、これってコピペなの?って言われるくらいに、参考にした文章に近づいてしまいます。
せっかく頑張って途中まで読感文を書いたのに、これでは努力が無駄になってしまいますね。

当サイトで参考用の読書感想文をダウンロードしてみる

当サイトの読書感想文をDLして、新しい風を取り入れてみてはいかがでしょうか。参考にするのも良いですし、もし、気に入っていただければ、丸ごとコピーしてもらっても構いません(著作権はフリーです)。
ネタ切れは言葉や文章が思いつかない非常に苦しい状態です。丸ごとコピペするのは気が引けると言う人は、参考程度に、一度ダウンロードして読んでみるというだけでも良いと思います。是非、検討してみてください。
読書感想文の一覧を見てみる!