トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 何も感じない・何を書けば良いのかわからない場合、読書感想文はどうする?

何も感じない・何を書けば良いのかわからない場合、読書感想文はどうする?

読書をしてみたけど、何も感じない・・・そんな場合は?

なぜ、何も感じないのか?

張り切って読書をしたものの、何故、何も書くことがないと感じてしまうのでしょうか。
それはズバリ、つまらなかったからです。つまんない・面白くないものはどんなに考えても感想なんて出て来ません。
普段、漫画やライトノベルを読む人なら、マンガやラノベの感想文はスラスラ書けるでしょう。しかし、普段読んだことのないような堅苦しい文学作品、名作などを読んでも、つまらないと思うだけで、肝心の「感想」がなかなか出てこないのです。慣れていないことなので仕方ありません。

無理して書いても時間の無駄です

こういった場合、無理に書いても時間を空費するだけです。貴重な夏休みに、それはないでしょう。
読書感想文の書き方すらわからないのに、無理して書いたものを提出して、出来が悪いと先生に突き返されてまた無理をして書く・・・極めて無意味な悪循環・無限ループです。
言葉が出てこないのですから、仕方ありません。ここはもう割り切りましょう。
こんなところで夏休みという自由で優雅な時間を無駄遣いするのは実にもったいないです。オトナになったら夏休みなんてありません。学生は、もっと有意義に時間を使うべきです。

当サイトを使えば楽々!

当サイトでは読書感想文を提供しています。一覧から好きな読感文を選んで、ダウンロードして印刷するだけです。著作権はフリーです。
他サイトと違って、1つ1つオリジナルです。
丸ごとコピペしても良いですし、丸々コピーはちょっと・・・と言う人は、ダウンロードしたものを改変・加工すれば良いと思います。
ご購入を検討してみてください!
読書感想文の一覧を見てみる!