トップページ > 読書感想文のお役立ち情報一覧 > 読書感想文に批判って入れて良いの?

読書感想文に批判って入れて良いの?

本に批判的なことは書いて良いのでしょうか。

読書感想文に批判って入れて良いの?

読書感想文の本に批判って入れて良いんでしょうか。もちろん、読書感想文は感想文なので、自由な意見や感想を言うことができます。
批判を入れると、アクセントになります。本のここが良かった、ここが面白かったというポジティブな感想だけでは、感想文が薄っぺらくなってしまいがちです。
むしろ、本を読んで少し突っかかったところは素直に指摘したほうが純朴な感想文として評価されます。批判はネガティブだからと言って、やっていけないことではありません。
しかし、当然ですが批判のし過ぎはよくありません。作者の人格を否定するような極端な批判はやめましょう。
ポジティブな感想、ネガティブな感想、バランスのとれたいい文章を作ることがベストです。

著作権フリーのお手本読書感想文を読もう

当サイトには読書感想文があります。なんと、著作権はフリーです。
フリーですから自由に使うことができます。そのままコピーして提出、ということも可能です。
読書感想文を著作権フリーで公開しているページはあまりありません。フリーでないものを借用するのは犯罪ですので、絶対にやめましょう。
好きな作品を一覧から選んで、ダウンロードできます。
読書感想文の一覧を見てみる!

読書感想文一覧へ 他のコラム記事を読む